アラカン、ゆるくがんばる

アラカン(around還暦)のみちのくが、猫のことや日々の暮らしの中で感じたことをつづる雑記ブログです。

MENU

【じつは意外と知られていない?】急須はゆすらないで!お茶がもっとおいしくなるよ。

f:id:michinokupon:20220113151316p:plain

 

こんにちは! みちのく   です。

 

お茶(緑茶)は好きですか?


今はペットボトルのお茶もずいぶん美味しくなったので、わざわざ急須でお茶をいれるって人は少なくなったんでしょうか?どうなんでしょう?


わたしは独身時代、お茶(日本茶)の専門店に勤務していた経験があります。

 

そんなわたしが以前からお茶のいれかたに関して「うーん...... 」と思っていたことがあるので、記事にしてみました。

 

結論をいっちゃうと、「お茶を急須でいれるときは、急須をゆすらないほうがいいよ」っていうお話です。

 

その理由について書きます。

 

今も記憶にのこる「お茶をにごすな」という言葉。急須はゆすらない!

f:id:michinokupon:20210911162443p:plain

お茶の専門店に勤めはじめたころ、毎日「お茶のいれかた」の訓練を受けていました。


お店にご来店くださったお客様には、必ずお茶をお出しすることになっていたからです。

 

入社して初めて上司(男性)にお茶をいれてみるように言われて

 

その人の目の前でお茶をいれていたときのことです(家族以外の人の前でやるのはおそらく初めて)

 

ふだん家でやっているように急須にお湯を注いで少しおき、急須をゆすった次の瞬間……

 
ゆするんじゃない!!
 
上司

 

とお叱りのことばが!

 
18歳の時のみちのく
えっ⁈💦
 

 

(なんで⁈……いけないの?💦)と心の中でわたし。

 

上司の説明はこうです。


「おいしいお茶に必要な条件は味だけじゃないんだ。香り、そして水色(すいしょく)も大事なんだよ」

 

※ 水色(すいしょく)というのはお茶の色のことです。


「よく『お茶をにごす』って言うだろ?あまりいい意味では使われないよな?実際のお茶も同じだ」


お茶は透きとおってなきゃいけない。にごってちゃいけないんだ」

 

「今のみちのくみたいに急須をゆすると、せっかくのきれいなお茶の水色(すいしょく)がにごってしまう」


「それに味も悪くなる。苦味や渋みとかのよぶんな味も出ておいしくなくなるんだ」


「だから、お茶をいれるときは、ぜったいに急須をゆすっちゃだめだ

 

その上司のことばは、40年以上たった今でもはっきり覚えています。

 

今はもう専業主婦になって、仕事としてお客さまにお茶をいれることはありませんが、

 

わたしは40数年前のその教えを今も固くまもっています。ぜったいに急須をゆすることはしません。

言えない、だけど言いたい!「急須はゆすっちゃだめだよ」お茶をおいしく飲むために。

f:id:michinokupon:20210911174956p:plain

よくテレビでドラマを観ていると、やっぱり"ゆすってる"シーンが多いような気がします。


そうするといつもわたしは思います。『もったいないなぁ、ゆすらない方がおいしくいれられるのに……』って。


まぁ、ドラマの中のシーンに言ってもしかたないんですけどね(笑)

 

まだコロナが流行する前は、たまに友だち数人がだれかの家にあつまってお茶をすることがありました。

 

(だれかの家といっても、だいたい集まる家は決まってるんですが)

 

みんなお茶(日本茶)が好きな人ばかりなので当然お茶を飲みます。

 

そんな時もやっぱり、その家の友だちが急須をゆすってお茶をいれてるのを見て思っちゃうんですよね~。

 

『あ~あ、もったいない。ゆすらない方がもっとおいしくなるのに……』って。

 

でもなかなか言えないです。遠慮しちゃって……😅

 

でもずっと昔に、別の人に教えてあげたことはあります。

 

その人は若い独身女性で、わたしがかつてお茶の専門店に勤めていたことを知って、わたしにこう言いました。

 

みちのくさん、おいしいお茶のいれ方教えてください。
 
知り合いの若い女性

 

みちのく
あまり知られていないけど、ひとつの大事な点としては「急須をゆすらないこと」かな?
 

 

「教えて」って言われれば教えるけど、そうじゃなかったら自分からは面と向かって言いません。言えません。

 

だけど本当はみんなに教えたい!

 

「お茶は急須をゆすらない方がおいしくなるよ!」って。

結論:おいしくお茶をいれるには、急須をゆすらない方がいいです。

f:id:michinokupon:20210911174108p:plain

ゆすった方がたしかに時間は早いです。早くお茶の色がでます


でも、お茶の色はにごります。そしてわたしは、にごった水色(すいしょく)といっしょに味もにごる気がします

 

なんて表現したらいいのかなぁ...... きよらかな味じゃなくなるというか、やっぱり苦味や渋みなどの「雑味(ざつみ)」?も出てしまうような......。

 

ですからわたしは、自分でお茶をいれるときは急須をゆすりません(二度目ですね)笑

 

何十年も前に教わったことを愚直に守っています(ただの自己満です💦)

 

けっして強く勧めることはしませんよ⁈😅

 

ただ、ずーっと前から気になってたこと、「うーん、もったいない……」と思ってたことをどうしても形にしたかったので記事を書きました。

 

「お茶はペットボトルのやつを飲むからいいよ」

       とか

 「味や色とかそんなに気にしないし、それより早く飲めたほうがいいじゃん」

      とか

 「わたしはお茶はにごってるほうが好き」

 

って言う方には、あまり関係のない内容だったかもしれませんね。

 

でも、もし興味があったら、比べてみてください。

 

急須にお湯を注いだらそのまま動かさずにしずかに待ってからいれたお茶と、待たずに急須をフリフリ揺すっていれたお茶の、色と味を🍵

 

おそらく、違いが分かると思いますよ😉

 


f:id:michinokupon:20210522234331j:image

 

以上、お茶の専門店に勤めた経験をもつわたし みちのく からの提案でした。

 

 

 

 

 


この記事をお読みいただき、ありがとうございました。

 

この記事が少しでもお役に立てれば幸いです。